スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

共同通信杯【データ考察】

2月10日(日)東京11R
共同通信杯(JpnIII)   芝1800m

◆データ
※過去8回

■人気別着順
▽1番人気【4202】連対率75%
▽2番人気【1016】連対率13%
▽3番人気【0125】連対率13%
▽4番人気【2024】連対率25%
▽5番人気【0224】連対率25%

■所属別
▽関東馬【4 5 6 43】連対率16%
▽関西馬【4 3 2 19】連対率25%

■脚質別
▽逃げ【2 1 0 7】連対率30%
▽先行【1 4 3 23】連対率16%
▽差し【3 2 1 20】連対率19%
▽追込【2 1 4 16】連対率13%


99年からの過去8回で1番人気で連対をはずしたのはグラスグラードのみ(中山開催だった03年は除く)
それを紐ほどくと、重賞での連対実績に辿り着く。
他の7頭の1番人気馬は重賞での連対実績を持ってここに挑んでいた。今回1番人気が予想されるサダムイダテンも前走のラジオNIKKEIで2着の連対実績を持っているだけに、この側面から考えれば連を割ることは考えずらい。

注目なのは脚質データ
差し馬中心なのかと思いきや、逃げの脚質の馬が連対率30%と高いアベレージを残している。今回主導権を握りそうなホッカイカンティ辺りは注目したい。

種牡馬別でみると東京芝1800mはSS系が威光を放っているが今回はどうだろうか

スポンサーサイト


レース展望・回顧 | 2008-02-06(Wed) 13:57:44 | トラックバック(-) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © phc blog ‐3連単で万馬券‐ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。