スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

函館記念【展望】

今回は基準馬を設け展望していきたいと思います

基準馬
(対抗候補上回る馬が不在の場合は本命に昇格)

基準に推奨するのはシルクネクサス
前走の巴賞は弱いメンバー構成でしたが格の違いを見せて優勝
過去の函館記念では巴賞をステップに挑んだ馬が好成績を収めていることからこれは好材料と言えるでしょう。
それと春先に中京で走った馬も好成績をあげているという事実も軽んじられないです。

シルクネクサスを軸に対抗する馬を考えていきたいと思います。

出走メンバーに目を向けるとサクラメガワンダー、アドマイヤフジが目につきます。
まずはサクラメガワンダー
輸送が不利なこの馬にとって滞在競馬は力を出すための好条件。
しかし前走GIに出走して函館記念で結果を残した馬というのはファインモーション位しかおらず、その辺の事を考慮すると割引感が漂ってきます…。
要するに格よりも勢い、洋芝適正が問われるレースなんだと思います。
その点を考えると宝塚記念4着のアドマイヤフジは問題なしと思えますが、レース内容を振り返るとハイペース後方待機がハマった印象が強いです。同じく後方に待機していたファストタテヤマが5着に来ているくらいですから
この面子では力が上な気はしますが現状からは大威張りとまではいきません。
今回に限ってはシルクネクサスよりは下に評価したい。

他に人気を集めそうなのがナムラマースですかね
洋芝の実績が人気の要因になりそうですが、3歳牡馬のレベルに??といった感じなので今回はゴメンナサイ

取りあえずシルクネクサス本命になりそうです。
他に穴で注目すれば同じく巴賞組のモノポールとマチカネキララです。
スポンサーサイト


レース展望・回顧 | 2007-07-17(Tue) 19:43:00 | トラックバック(-) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © phc blog ‐3連単で万馬券‐ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。