スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

有馬記念 回顧

予想通りアドマイヤメインが逃げる善臣Jにしては珍しい思い切った逃げでした。
ペースも早かったですね。
勝ったディープインパクトと他馬には大きな力の差があったということだけが浮彫りになった1戦でした。
まさに゛次元が違う゛という形容詞を引退レースでもまざまざと見せ付けてくれました。
特に4コーナー回って直線に出る瞬間の脚。まるで野獣のような威圧感を感じました。外を回っているのに内の馬を一瞬にして抜きさる・・・。
今後中々見れないシーンだったのではないでしょうか?
凄いです!!ホントに次元が違いました。
有馬記念 映像

さあそろそろ来年に向けて負けた馬たちの回顧をしていきたいと思います。

2着 ポップロック
3着 ダイワメジャー
4着 ドリームパスポート
5着 メイショウサムソン

2着~5着の馬の中で一番力を感じたのはダイワメジャーでした。
決して適正のある距離ではない今回、しかも早い流れでスタミナが消耗される。そんな中2番手に付けるレース運びから安勝の馬に対する信頼と自信を感じました。
そして結果を残しているのですら来年も中距離戦線を大きく盛り上げてくれることだと思います。
スポンサーサイト


レース展望・回顧 | 2006-12-25(Mon) 10:00:25 | トラックバック(-) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © phc blog ‐3連単で万馬券‐ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。