スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

私のクロフネに対するイメージ・・・

キャロの募集馬の個人的見解をはじめたので、ここらで種牡馬に対する私感も述べておかなければいけないのかな~と思いまして^^;

今回はクロフネに対する私感を述べていきたいと思います。


クロフネは女房の尻の下にひかれるタイプ?


上に書いたようにクロフネってこんな感じではないかと思います。
なんか産駒にハッキリとした共通したものがないというか、破壊力がないというか・・・。
フラムドパシオンは別ですけど・・・
配合相手にお伺いを立てる感じがするんですよね。

クロフネ:「出来れば俺、子供にはダートを走らせたいんだけど・・・^^;」
牝馬:「はぁ~??ナニ言ってるの??子供にはクラシック路線に進んでほしいんだから!!!」
クロフネ:「そーだよね・・・うん!それがいい・・・^^;」


といった感じでダートも芝も適度に走れてしまう子供が沢山生まれてきているような気がします。
しかしそんなクロフネも

クロフネ:「出来れば俺、子供にはダートを走らせたいんだけど・・・^^;」
カリーパッション:「私も子供にはダートで一番になってほしいと思ってたの!!! ^。^」

そして生まれた子供がフラムドパシオン・・・。
みたいな感じなんでしょうかね(苦笑)

クロフネの父、フレンチデュピティーは余計その色が強い気がします。
だからアエローザみたいな仔も。
母系の良さを引き出して様々なタイプの産駒を輩出したサンデーサイレンス
そこまで幅広い産駒は出せないけど自分の持っている引き出しの中で相手の良さを引き出すフレンチデュピティー、クロフネ親子
サンデー牝馬との相性の良さはこういうところからきているのでしょうかね?



スポンサーサイト


雑談 | 2006-07-27(Thu) 00:27:53 | トラックバック(-) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © phc blog ‐3連単で万馬券‐ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。