スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

キャロット2005年産募集馬 検討 第3回

注目馬 その2


■ レディブロンドの05


父・ジャングルポケット
母・レディブロンド
母父・Seeking the gold


Nothern Dancer 9.38% 4×5


出資意欲 ★★★★★(5)


父はトニービンの後継として期待されるジャングルポケット。しかしここが悩むところなのです。
トニービンはブルードメアサイアーとしては超一流の実績を残していますが、後継種牡馬となると…今のところといった感じです。
果たしてジャングルポケットは成功を収めることが出来るのでしょうか?
配合相手をみる限り、かなり社台がテコ入れしていて

「何が何でも成功してもらわなければ困る…」

と言った空気が漂います。
エリシオの二の舞だけは避けてほしいですねf^_^;

この馬自身、血統的にはSS系を持たない、MP系ND系が4代前というのは種牡馬になった時に゛相手を選ばない゛という強力な売りが持てそうです。
まだ走っていない1歳馬にこんなことを言うのも何ですが、種牡馬入りの確率は結構高いのでは?と思います。
母が1200mしか走っていない、父がクラシックを得意とした馬。
そんな2頭の子供であるこの馬はどんな距離を得意とするのでしょうか?
祖母のウインドインハーヘア自身は英オークス2着の実績のある馬。母のレディブロンドはSeeking the goldがでた感じでしょうか?
元々クラシックをこなせる血統にスピードが注入されたというのはポイントです。素人目ですが配合からの欠点は見あたりません。
あとは厩舎…
やはり母と同じ藤澤厩舎でしょうか?
有力馬が多い厩舎ですのでコンスタントに使ってもらえるか?が心配ですが、出資するときはその辺も覚悟の上決めたいです。
スポンサーサイト


キャロット2005年産募集馬検討 | 2006-08-01(Tue) 18:30:00 | トラックバック(-) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © phc blog ‐3連単で万馬券‐ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。