スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

フェブラリーS 結果分析



市丸氏のタイムフィルターOnLineでの指数をもとにフェブラリーSの結果の分析をして見たいと思います。

トウショウギアメイショウボーラーが超ハイペースで引っ張ったおかげか
もの凄い高い指数が出ました。

勝ったカネヒキリの指数は125です。
このレースの例年の勝ち馬の指数が114117ぐらいの間なので
今回のカネヒキリのパフォーマンスが一回り上の次元のものだということが伺えます。

因みにクロフネの武蔵野Sは131というものでした。
数値だけで単純に比べれば、まだ足りないということも言えますが
能力としては近いものがありそうです。

自分の本命のシーキングザダイヤの指数は120というものでした。
例年でいえば、これでも充分勝つことが出来る指数。
しかも”今年のフェブラリーは高いレベルの力決着だった”
と評されるであろう数値だと思います。
要するに”例年モニターで見ている勝ち馬の前にもう一頭馬がいた”
と言う状態が今年という訳です。

良い状態で出走に漕ぎ着けることが出来れば
このあとのドバイワールドCもかなり期待できるのでは出来そうです。


タイムフィルターOnLine
市丸氏が考案したタイムフィルター指数。何と登録月は無料です!

スポンサーサイト
レース展望・回顧 | 2006-02-21(Tue) 10:46:02 | トラックバック(-) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © phc blog ‐3連単で万馬券‐ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。