スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

菊花賞【PART3】

■菊花賞出走馬分析2

・デュオトーン
条件戦とはいえ長距離のレースを好位から抜け出して勝つのですからスタミナは十分かと思います。世代のレベルが低いと仮定するならば古馬との混合のレースを2連勝はこの舞台でも見劣りしない実績になります。

・ドリームジャーニー
前走は低調なメンバー構成だったと思います。そのレースでの勝利は例年の額面通りには受け取れません。ただし展開がハマった時は怖い存在

・ヒラボクロイヤル
勝ち負けしたレースは低調なメンバー構成なだけに今回どうか?特に強調出来る材料ナシ

・フサイチホウオウ
前走の大敗は致命的。どこまで立て直せるか?が焦点

・ホクトスルタン
鞍上が菊花賞で4年連続2着。メジロマックイーン産駒の本馬が勝ったら相当ロマンを感じる!頑張って欲しい

・ロックドゥカンブ
血統的なイメージでは買いづらいですが、この馬への賛辞の言葉を見ると、やはり無視は出来ない…。相当強いのですかね?4戦4勝も並みの馬には出来ない芸当ですし、2Kgの恩恵は大きい

スポンサーサイト
レース展望・回顧 | 2007-10-18(Thu) 18:26:27 | トラックバック(-) | コメント:(0)

Copyright © phc blog ‐3連単で万馬券‐ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。