スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

東京大賞典



馬名 性齢 負担
重量
騎手 厩舎 単勝
オッズ

1 1       クーリンガー 牡7 57.0 和田竜二 栗東 岩元市三 59.0 9
2 2    ナイキアディライト 牡6 57.0 酒井忍 船橋 川島正行 41.4 8
3 3    クールアイバー 牡8 57.0 御神本訓 大井 高柳恒男 155 10
4 4    カフェオリンポス 牡5 57.0 岩田康誠 美浦 松山康久 7.5 4
4 5   シーチャリオット 牡4 57.0 戸崎圭太 船橋 川島正行 31.9 7
5 6    ウエノマルクン 牡7 57.0 柏木健宏 大井 松浦裕之 307 13
5 7   シルキーゲイル セ7 57.0 倉兼育康 高知 田中譲二 163 11
6 8   コアレスタイム 牡8 57.0 張田京 船橋 川村昭男 272 12
6 9 アジュディミツオー 牡5 57.0 内田博幸 船橋 川島正行 2.4 1
7 10 ハードクリスタル 牡6 57.0 藤岡佑介 栗東 作田誠二 21.3 6
7 11  シーキングザダイヤ 牡5 57.0 横山典弘 栗東 森秀行 3.4 2
8 12 ブルーコンコルド 牡6 57.0 幸英明 栗東 服部利之 4.2 3
8 13   ボンネビルレコード 牡4 57.0 的場文男 大井 庄子連兵 8.4

5

地方競馬のおかげで今年のPAT収支はボロボロorz
せめて今年最後の1戦でなんとかいい一年の締めくくりにしたいです。
芸のない予想ですが、アジュディミツオーを本命に推します。
休み明けですが今年は交流GI3勝。帝王賞ではカネヒキリを破ってのものです。
ディープほどではないにしろ、地方競馬では絶対的な存在です。
逆らわないで馬券を買います。○はシーキングザダイヤ。その他は以下の通りです。
改めて書くほどの予想でもないですが・・・。



スポンサーサイト
レース展望・回顧 | 2006-12-29(Fri) 12:52:23 | トラックバック(-) | コメント:(0)

2006年 一口愛馬総括

今年一年の愛馬達の活躍をまとめて振り返りたいと思います。

■ブランシュネージュ
4歳 牝
4月に福島で500万下の特別レースを快勝。未勝利戦以来の久々の勝利を挙げました。総額1200万円のが2勝してくれたことで充分満足でした。しかし快進撃はここからでした。休養を挟んで挑んだ函館500万下を勝利。昇級して初戦の1000万下を2着。このクラスでやれる目処を立てたのち11月福島で1000万下を勝ちました(^v^)今やクラスは準オープン。バクシンオー産駒の成長力を甘くみてました(;□;)!!出資したときには4勝もしてくれるとは思っていませんでした。今年に限って言えば3勝の固め打ち。とても馬主孝行な馬です。来年の函館SSに出れたらいいなぁ~

■ランザローテ
3歳 牡
馬体に惚れ込み出資した訳ですが体質が弱く、デビューを迎えたのが今年の6月。しかしこれが圧巻の内容ι(◎д◎)ノヾ 2着に10馬身、2着馬は3着馬に大差。いや~夢見ちゃいましたぁ(^0^) しかしその後は馬体に異常をきたし休養を余儀なくされた訳です(T_T) クラブ所属馬で同期のアロンダイトが同時期に初勝利を挙げて一気の5連勝でGIを勝っただけに悔しさも残りますが、その夢は来年にとっておきたいと思います。

■キャンディーストア
3歳 牝
今年は昨年のいい頃とは比べものにならないくらい酷い一年でした。改めて牝馬のスランプは難しいと思いました。素質自体はいいものがあると思うので、早く本来の走りを取り戻して欲しいと思います。


■ペルネティアナ
2歳 牝
怪我もなく順調に乗り込まれ、早期デビューもあるかな?と期待していたのですが… 落とし穴がありました 〇| ̄|_ 鼻を鳴らす癖があり鼻血が大量に出る。骨折などの怪我と違いこういうモノは中々矯正するのが難しいのかなと思います。育成時代のコメントを思い出すと、とても評価が高かった馬なのでなんとか矯正してターフでの走りを見たいです。



一口馬主 | 2006-12-26(Tue) 23:00:00 | トラックバック(-) | コメント:(0)

有馬記念 回顧

予想通りアドマイヤメインが逃げる善臣Jにしては珍しい思い切った逃げでした。
ペースも早かったですね。
勝ったディープインパクトと他馬には大きな力の差があったということだけが浮彫りになった1戦でした。
まさに゛次元が違う゛という形容詞を引退レースでもまざまざと見せ付けてくれました。
特に4コーナー回って直線に出る瞬間の脚。まるで野獣のような威圧感を感じました。外を回っているのに内の馬を一瞬にして抜きさる・・・。
今後中々見れないシーンだったのではないでしょうか?
凄いです!!ホントに次元が違いました。
有馬記念 映像

さあそろそろ来年に向けて負けた馬たちの回顧をしていきたいと思います。

2着 ポップロック
3着 ダイワメジャー
4着 ドリームパスポート
5着 メイショウサムソン

2着~5着の馬の中で一番力を感じたのはダイワメジャーでした。
決して適正のある距離ではない今回、しかも早い流れでスタミナが消耗される。そんな中2番手に付けるレース運びから安勝の馬に対する信頼と自信を感じました。
そして結果を残しているのですら来年も中距離戦線を大きく盛り上げてくれることだと思います。


レース展望・回顧 | 2006-12-25(Mon) 10:00:25 | トラックバック(-) | コメント:(0)

有馬記念 最終決断

◎ディープインパクト
○メイショウサムソン
▲アドマイヤメイン
△スウィフトカレント
△ダイワメジャー

ディープインパクトが一枚も二枚も力が抜けているのは周知の通り。前が競る展開は末脚を活かすのに絶好の流れになるでしょう。
焦点は2着争い
アドマイヤメインが逃げ宣言
逃げた時には確実に結果を残してきているだけに強行ローテーションでも無視は出来ません。しかも中山コース。後の馬に脚を使わせて追撃を封じる事は十分可能です。
しかし三番手の評価です。
対抗にはメイショウサムソンを推します。秋4戦目ということで、叩き良型のこの馬にとってはピークの一戦。展開的にも3・4番手につけるのでしょうが、同期のアドマイヤメインが作り出す流れのなか3・4コーナーで前に進出出来ないというシーンが想像つきません。冬の中山のサドラー系の成績も良いですし、人気落ちの今回は絶好の狙い目だと思います。
あと注意を払いたいのがスウィフトカレント。前が止まって時に一瞬の脚を使い上位に食い込むことは十分考えられます。鞍乗も魅力的ですし。

ダイワメジャーは距離的不安と展開的にキツイかなと思い評価を下げました。

ドリームパスポートは京都、東京で好走してきましたが、母父のトニービンが大きく影響していると考えると非根幹距離の2500mはプラスとは思えないし、中山というのも前走から比較するとマイナス。さらに菊華賞→JC→有馬記念のローテーションも疲れが気になりますね…。
メイショウサムソンは使って上げてくるタイプなので同一ローテーションでも取り方が全く逆です。

レース展望・回顧 | 2006-12-24(Sun) 02:13:03 | トラックバック(-) | コメント:(0)

有馬記念注目馬

有馬記念注目馬

■ ディープインパクト

引退レース当日に引退式を行うそうですが、気になりますね…。同じようにスプリンターS後に引退式を行なったタイキシャトルはまさかの敗戦喫しました。馬は繊細な生き物ですから周りからのプレッシャーは敏感に感じるそうです。今回そうならなければいいなぁ~と思いますが、どうでしょうかね。実力自体は1歩も2歩も抜けている存在なので本命候補ですがきぐするのはそんなところです。

■ メイショウサムソン
JCの敗戦で人気が落ちそうですがドリパスより積極的に狙いたいのはこちらの馬。叩き良型の4走目に注目したいです。展開的にも合いそうです。

■ ダイワメジャー

復活と言うよりも本格化という言葉の方が合っている気がします。ただ2500mという距離はやや長いのではという気がしますね。
しかしここ2戦を見る限りではまだまだゴール前余力十分です。その辺は評価しますが3番手までの評価に留めます。

■ ドリームパスポート

力付けましたね、この馬は。前走は3歳馬ながらお見事です。東京コースということで私的見解ですが母父のトニービンの成した技なのではと思っています。人気になるようでしたら危険な人気馬だと思います。菊華賞→JCの疲れがでて凡走、有馬記念では多くあることです。

未分類 | 2006-12-20(Wed) 13:33:47 | トラックバック(-) | コメント:(0)

Copyright © phc blog ‐3連単で万馬券‐ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。